インストラクター

Instructors

牛窓永教
Naganori Ushimado

Head Instructor / Purple Belt / 空手黒帯初段

  • 柔術新聞杯2016:マスター3 ライトフェザー級 優勝
  • ALLJAPAN MASTERCHAMPIONSHIP 2016:マスター3 ライトフェザー級 準優勝
  • JIU-JITSUCHAMPIONSHIP 2016:マスター3 ライトフェザー級 優勝
  • JAPAN BRAZILIAN JIU-JITSUCHAMPIONSHIP 2017:マスター3 ライトフェザー級 準優勝
  • ALLJAPAN MASTER CHAMPIONSHIP 2017:マスター3 ライトフェザー級 優勝
  • SHIKOKU JIU-JITSU OPEN TOURNAMENT 2018:マスター3 ライトフェザー級 準優勝
  • SHIKOKU JBJJF JIU-JITSU OPEN CHAMPIONSHIP 2019:マスター3 ライトフェザー級 優勝
 

池田直也
Naoya Ikeda

Instructor / Purple Belt / 柔道2段

  • SHIKOKU JIU-JITSU CHAMPIONSHIP 2017 アダルト ライト級 優勝
  • SHIKOKU JIU-JITSU CHAMPIONSHIP 2018 アダルト ミドル級 準優勝
  • アダルト オープンクラス 優勝
  • SHIKOKU JIU-JITSU OPENTOURNAMENT 2018 アダルトライト級 優勝
  • アダルト オープンクラス 優勝
 

吉岡崇人
Yoshioka Takahito

徳島柔術・特別講師

  • 2002年、グレイシーバッハ四国(2005年解散)の門を叩き、林秀徳師にブラジリアン柔術の手解きを受ける。
  • 2005年当時青帯、19歳の若さで徳島柔術を設立。その後吹田柔術の新川武志師に師事。紫帯昇進を許される
  • 2008年全日本選手権、当時無名ながら強豪選手らを破り決勝では秒殺の一本勝ちで優勝を飾る。同年新川武志師より茶帯昇進を許される。
  • 2010年世界制覇を視野に入れ、アメリカ進出。初出場の世界選手権では初戦を判定で勝利しベスト8まで進むも敗退、これが転機となり「世界1になるには世界1の練習を」と帰国後も昼夜を問わず常に世界を意識したトレーニングの日々を送る。更なる海外経験を積む為に2011年から2012年に上海アラバンカにインストラクターとして赴任。英語と中国語を身につける。
  • 2013年には主催者推薦枠により“寝技のオリンピック“アブダビコンバットの66kg級日本代表に選抜される。ヨーロッパ選手権やパンアメリカ選手権、ブラジル等での遠征と海外修行の中で着実に実力を積む一方で、アメリカ移住の思いが強まった。
  • 2015年パン選手権(パンアメリカ)優勝。これを機に活躍の舞台をロサンゼルスに移す。
  • 徳島柔術を脱退し世界王者メンデス兄弟率いるトップチーム、AOJ(ART OF JIUJITSU)に移籍。ギィメンデス師によって徹底的に選手としての精神力を叩き込まれる。それまでの自信やプライドを全て失い去る程の過酷な練習の日々に「これまでの自分の柔術はまねごと、ただの遊びだった」と思い知らされるほどであった。
  • 同年、日本人史上初となるIBJJF ワールドマスター(黒帯マスター1)世界チャンピオンに輝く。
 

PAGE TOP